ハート

悩み相談をする感覚で

カウンセリング

見極めが難しい病気

うつは精神的な不調が現れるのが一般的なイメージですが、中には身体的な不調が現れる場合もあり、専門的な知識を持っていないと診断や治療が難しい病気です。その理由として、いくつもの原因が複雑に絡み合っていたり、原因が日常生活に溶け込みすぎていて特定が難しかったりすることが挙げられます。精神的な不調は、主になかなか治まらないイライラや不安感、強い絶望感や孤独感、または常に緊張していたり、逆に無気力が続いて何もやる気が起きなかったりするものです。しかしこれらは健康な人でも日常生活の中で感じることのある感覚であるため、すぐにうつと診断するのが難しい場合が多いです。さらに身体的な不調としては、頭痛や腹痛、不眠や吐き気などがあります。これらだけを見ると、うつとは関係がないように感じることも多く、なかなか確定診断まで結びつかないこともあります。症状は個人差があり、内服薬で対症療法を行うこともありますが、原因が心理的なものや人間関係などからくる場合は、そこを解決しないと根本治療にはなりません。薬を飲んで寝ていれば治る病気とは違うため、治療は時間がかかりますし、自分自身が向き合って戦わなければなりません。しかし、そこに辿り着くためには、まず正しくうつ病と診断を受ける必要があります。憂鬱という言葉があるように、誰でも心が沈うつになることはあります。しかし、落ち込んだり悩んだりしたからといってすぐに病院にかかる人はほとんどいません。病院へ行くか、解消に向けて自分の力で努力してみるか見極めが難しいところですが、精神的ストレスが長く続くと身体にも不調が現れてきます。そうでなくても、悩みや不安がなかなか解消しない、どんなに努力しても悩みが改善しない、ストレスを受ける状況を自分ではどうすることもできないということもあるでしょう。解消の方向へ向かうのが難しいと感じたら、悩みや不安を相談するような感覚で心療内科や精神科を受診しても良いです。うつの原因となり得る精神的ストレスには個人差があり、専門的な知識や技術をもってして対応しないと逆効果になってしまうこともあります。うつ病の人に頑張れというのは良くないという意見がよく聞かれますが、それが好例です。身体的不調が出ているからと一般的な病院に通うと、鎮痛剤や整腸剤を出されて帰されてしまうかもしれません。薬で不調が一時的に良くなったとしても、根本的な問題が解決されていないなら、また再発しかねません。うつかどうかは医師が診断するのですから、違うかもしれないと不安に感じず、遠慮なく病院を頼るべきです。病院では、問診の他にチェックテストを行う場合があります。うつ病と診断する上である程度の基準は必要で、アメリカ精神医学会の診断基準がよく用いられています。これは患者が心理テストのような項目に答えていき、結果を数値化することでうつ病かどうかを判断するものです。もちろん、これに当てはまらなくても本人が辛いと感じていたり、身体的な不調が出ていたりする場合には、同等の対処を受けることができるので遠慮なく申し出るべきです。今の状態を正しく診断してもらえれば、それに必要な治療がどのようなものなのかが明確に見え、改善への近道になるでしょう。