ハート

家族も協力しよう

男の人

きちんと医師に伝える

うつ病は「心のかぜ」という言い方をされるもので、気持ちがひどく落ち込んで何もやる気がでなくなってしまったり、物事を悲観的にしか見られなくなったりすることで知られています。食欲もなくなって体重が減ることや、倦怠感や頭痛やめまいといった肉体的な症状は出るものの、内臓疾患のように血液検査などで特異的な異常が出るわけではありません。発熱があるわけでもないため、精神的にも肉体的につらくても休むことが出来ずに頑張って出勤してしまい、さらに症状を悪化させてしまうということもあるでしょう。一般的にはまじめで責任感が強く、なんでも自分で抱え込もうとする性格の人が特にこの病気になりやすいともいわれています。多くの人が、自分がうつ病になるとは想像していないことが多いですし、弱い人間だといわれているようで認めたくない気持ちを持っていることが多いものです。まして、精神科や心療内科の受診はまるで心が弱いと烙印を押されたような気持ちになって気が進まない、という人がいるのも無理はないのかもしれません。この病の治療は薬物療法を中心に行うのが普通であるため、治療を開始するにはうつ病であるという診断を受けなければなりません。そのため、本人が無理な時は周りの人間が病院に連れていくことが大切です。うつ病の診断は、医師が診察において患者の症状を聞き、うつ病の診断基準とのすり合わせを行っていきます。うつ病の診断基準には抑うつ気分、思考力や集中力の低下、不眠や過眠、自殺願望などといったうつに特徴的にみられる症状項目がいくつかあり、その中で合致するものが一定数以上あればうつと診断されるというものです。このほかにも、HAM-Dなどという心理検査を併用して判断に用いる場合もあり、これらの心理検査は簡易テストとして受診する前にセルフチェックに用いることが出来るものもあります。この病の症状は患者が自覚しにくいものも多いため、正しく診断してもらうためには、患者もより具体的に自分のつらいと感じている症状を医師に伝えることが必要です。出来ることなら周りの人間も一緒に病院に付き添って、客観的な目線での患者の様子を伝えることもスムーズな診断の助けになるでしょう。患者本人も、医師の前でまとめて説明するのが難しい場合には、前もって自分で医師に伝えたいことを紙などに書いてまとめておき、持参するのも良いでしょう。いつ、どのような時にどのような症状が出るといった説明が出来るようにしておくと、なお良いでしょう。診断を受けたら、薬剤療法やカウンセリングを中心に治療が始まっていくため、定期的な通院や投薬管理などはできるだけ患者任せにしないで家族が協力してあげるほうが安心です。投薬治療を続けていくことで症状が改善していくケースが多いですが、この病気は再発率が高いことでも知られています。仕事復帰を果たして日常生活も以前のように送れるようになったのだから、薬はもう良いだろうと安易に判断して、投薬を勝手に中止することで再発する場合もあるといわれています。早く元通りの生活に戻りたいという気持ちを持つのは仕方ないですが、焦らず気長に向き合っていくことがとても大切になります。